樋田淳也容疑者の逃走方法は?なぜ1ヶ月半も捕まらなかった?

2018年8月12日に大阪富田林署から逃走した樋田淳也容疑者。

逃走開始から49日後の9月29日に逮捕されました。

逮捕されたのは大阪からは遠く離れた山口県周南市です。

なぜこんなに長い間捕まらなかったのでしょうか?

スポンサーリンク


樋田淳也容疑者の逃走方法は?

49日間にわたる逃走劇がようやく終わりました。

樋田淳也容疑者が逮捕されたのは山口県周南市です。

どうやってここまでの距離を逃げたのでしょうか?

詳しい経路はわかっていませんが、四国を経由していたことがわかっています。

ざっと見ても500㎞ぐらいの距離があります。

脱走当時大阪ではミニバイクの盗難などがあり、バイクで逃げる画像なども報道されていました。

所持金もなかった樋田淳也容疑者ですので、バイクで逃走にも限界があったのではないでしょうか。

船や橋を使って、なんとか四国にわたったようです。

公共交通機関を使ったのかどうかはわかりませんが、逮捕時には自転車でした。

『自転車で日本一周中』という肩書で道の駅などで野宿するなどしていたそうです。


引用:毎日新聞

樋田淳也容疑者は山口県周防大島町の道の駅「サザンセトとうわ」に約1週間滞在していたようです。

その際、道の駅の支配人の記念撮影にも変装なしで気軽に応じています。

「必ず日本一周を達成します」などと書いた置き手紙も偽名で残していたんだとか・・・。

こそこそしないで大胆に、自転車旅行者を装ったことで正体がバレることなく逃走を続けられたのではないでしょうか。

そして、大阪の無一文の脱走者がまさか近くにいるなんて、山口の方々は思わなかったんでしょうね。

万引きで逮捕されなければ、まだ逃走が続いていた可能性は大きいと思います。


スポンサーリンク


逃走を手助けした人がいた?

逃走を手助けした人がいたのでしょうか?

8月14日の時点で知人に逃走の手助けを依頼するような手紙が見つかりましたが、樋田淳也容疑者はその知人の元には姿を現しませんでした。

逮捕時には、愛媛で知り合ったという自転車旅行中の男性が一緒にいました。

この方が逃走を助けたのかと思いきや、男性は樋田淳也容疑者に気付いていませんでした。

あんなに報道されていたのに?と思いますが、テレビを見ない人なら樋田淳也容疑者の顔に気付かない事もあるかもしれませんね。

現時点では、誰かが手助けしたという事実は見つかっていないようです。

樋田淳也容疑者は黙秘しているようなので真相はわかりませんね。

樋田淳也容疑者の罪は?

樋田淳也容疑者が逃走をしていたというのは有名な話ですね。

ですが、逃走のインパクトが強すぎて、元々いったい何で捕まっていたのか分からなくなってしまいます。

ここでは樋田淳也容疑者の犯した罪について調べていきます。

まず、逃走前にどんな罪で捕まっていたのか。

窃盗
強制性交
放火

樋田淳也容疑者は過去に窃盗・強制性交で逮捕・起訴されています。

2018年5月に放火に関与した容疑で捜査中でした。

そこに今回の事件です。

加重逃走罪
窃盗

窃盗に関しては数え切れないのではないでしょうか。

再犯がないようにしっかり捜査して、きっちり罪を償ってほしいですね。

※加重逃走罪とは

「前条に規定する者(裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者)又は勾引状の執行を受けた者が拘禁場若しくは拘束のための器具を損壊し,暴行若しくは脅迫をし,又は2人以上通謀して,逃走したとき3月以上5年以下の懲役 」

アクリル板を壊して逃げた樋田淳也容疑者には、この加重逃走罪が適応されると思います。

樋田淳也容疑者の顔画像

逃走前の顔画像と、逮捕後の顔画像を比べてみましょう。


引用:ANN

これが全国に指名手配された画像です。

そして、逮捕後の樋田淳也容疑者です。


引用:ANN

坊主に髭、日焼けもしています。

これで人懐っこく話しかけてこられたら、同一人物とは思わないかもしれませんね。

樋田淳也容疑者の事件の流れ

脱走当初から簡単に事件をまとめてみます。

2018年8月12日:富田林警察署から樋田淳也容疑者脱走

2018年8月12日:大阪府松原市でミニバイクの窃盗事件

2018年8月13日午前9時ごろ:大阪府羽曳野市でひったくり事件

2018年8月13日午前10時ごろ:大阪市平野区でひったくり事件

2018年8月14日夜:大阪市生野区でひったくり事件

2018年8月15日夜:大阪市東住吉区でひったくり事件発生

2018年9月初旬:品川駅前のホテルで樋田淳也容疑者に似た男がいると通報入るも見つからず

2018年9月29日:山口県周南市で万引きの現行犯として樋田淳也容疑者逮捕

この他にも、逃走中に各地で窃盗を繰り返していたのではないでしょうか。

逮捕時にはロードバイクに寝袋などのグッズまで持っていました。

これらも窃盗したか、あるいは、窃盗したお金で購入したかでしょうね。

9月に品川駅前で目撃情報がありましたが、逮捕時一緒にいた男性が9月初旬に香川で出会ったと証言しているので品川駅の目撃情報は樋田淳也容疑者ではなかった可能性が高いですね。

上記の罪以外にもまだまだ余罪がたくさんありそうです。

ネットの反応

いろいろあったけど、とりあえず捕まってなにより。

問題は、例えある程度服役したとしてもいつか出てくるので、その後どーするかだな。

こういう奴は死ぬまで変わらないと思うから、また同じ様な事を繰り返すだろうし。

YAHOO!ニュースより

刑期を終えて社会に復帰しても、また万引きを繰り返すことが、容易に想像できます。
そして、女性に対しての引ったくりを繰り返しことも容易に想像できます。

YAHOO!ニュースより

こいつの発想がある意味すごいね。まさか自転車の旅人と一緒に行動して移動しているなんてね。その行動力を他に活かせたら良かったのにね。残念な人間ですね。

YAHOO!ニュースより

わりと機転がきくから、一生懸命働けばいいのにな!ただ今回いきあたりばったりみたく、万引きして日本一周してても、捕まるのは時間の問題だったが!

YAHOO!ニュースより

万引きや、ひったくりなど、すべての罪状を明らかにし、それぞれについて刑を加重すれば、懲役100年くらいになるのでは。反省もしていないようだし、2度と出所しないでほしいです。

YAHOO!ニュースより

逃げられた警察署と弁護士の責任は追求しないのか?

YAHOO!ニュースより

樋田淳也容疑者に厳しい意見ばかりですね。

今後の捜査でまだまだ余罪が出てくるであろう状況もそうさせているのでしょうね。

今度こそ観念して更生してほしいですね。

詳しい逃走方法や、逃走経路などはわかりませんでした。

ですが、逃走犯らしからぬ堂々とした態度がこの長期にわたる逃走に繋がったと言えると思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする