船橋市で子猫の切断遺体が相次いで発見。残虐な犯人の目的は?

残虐すぎる犯行です。

千葉県船橋市で、子猫の切断死体が相次いで見つかりました。

犯人の目的は??

エスカレートし、人間が的になる可能性は??

事件について調査してみます。


スポンサーリンク


事件の概要

千葉県船橋市で、子猫の切断死体が相次いで見つかりました。

事件の詳細を見てみましょう。

6日午前、千葉県船橋市の住宅街で、子猫のものとみられる切断死体が相次いで見つかった。船橋署は動物愛護法違反の疑いで調べている。

県警によると、6日午前10時半ごろ、船橋市本中山6丁目のマンション敷地内で、子猫のものとみられる頭部が一つ落ちているのをマンション1階の美容室の従業員がみつけた。

同日午前11時ごろには、付近を調べていた同署員が、同マンションから約40メートルのアパート敷地内で、尻尾が切られた生後約1週間とみられる子猫の死体と、頭部や前脚が切られた子猫とみられる死体を見つけた。

船橋市内では昨年12月にも、ふなばし三番瀬海浜公園で動物のものとみられる肉片が見つかっていた。

生後1週間の子猫をなぜ殺さなければならなかったのでしょうか?

飼えないから?

切断する意味は?

犯人が捕まっていないため、色んな事が謎ですね。

スポンサーリンク


犯行動機は?


出典:gahag

今回のこの酷い犯行の動機は何なんでしょうか?

生後1週間の子猫なので、何か悪さをしたわけではなさそうですよね。

飼えないから殺した?

この死体のバラバラに切断された状態を考えるとそんな理由ではなさそうです。

何か理由があって・・・というよりは、快楽的なものでしょうか?

今回は子猫がターゲットにされましたが、もしも犯人が快楽を求めて犯行を行っていたら、エスカレートして、人間を・・・ということも十分考えられますね。

エスカレートする前に犯人逮捕してほしいですね。

バラバラ殺人について

2017年11月、神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件は記憶に新しいのではないでしょうか。

この事件の犯人である白石隆浩容疑者は精神状態に異常があるのでは・・・と専門家の方が言っていました。

バラバラ殺人とは、ほとんどの場合で殺害後に切断されることが多いようです。

その理由として、犯行の隠ぺいや被害者の身元を分からなくするなどの他に、被害者に対する憎悪から行うこともあります。

欧米では、精神異常者による快楽殺人とされることが多いんどとか・・・。

バラバラ殺人を行う犯行パターンは3パターンに分かれます。

①廃棄・隠蔽型
殺人自体の隠蔽、時間稼ぎ
遺体の隠蔽の容易
死体の廃棄処理
運搬の容易
人物誤認
殺害方法の隠蔽

②公開・挑戦型
捜査機関(警察など)への挑戦
異常性のアピール
加工・展示

③制裁・見せしめ型
暴力団などによる制裁
周囲への見せしめ

今回は犯人が逮捕されていないため詳しいことはわかりませんが、①の廃棄・隠蔽型というのは考えにくいですね。

③の制裁や見せしめで子猫というのも考えにくいように思われます。

②の異常性のアピールでしょうか・・・?

エスカレートしそうな動機になってしまいますね。

犯行現場は?

6丁目には3件の美容院がありました。

そのうち2件がマンション1階が店舗でした。

どちらかの美容院だと思われます。

ネットの反応

なんか嫌な感じだなぁ、大きな事件が起こらなければいいが。

YAHOO!ニュースより

動物愛護法の罰則を重くしなきゃいけないと思う。最高でも懲役2年って短すぎ。

YAHOO!ニュースより

猫の次には人間の子供…サカキバラを忘れてはならない。今の段階で犯人を挙げて欲しい。

YAHOO!ニュースより

人間に矛先が向く前に早く捕まって欲しい
そして猫の呪いが掛かりますように

YAHOO!ニュースより

酒鬼薔薇の例もある訳で、未成年も捜査対象に入れなければ見落としが起きるかもしれんな。

YAHOO!ニュースより

こんな奴は、自分も切断されてみればわからない!何度も同じ事をするだろうから、、刑罰の強化が必要!
人間が、ペットで勝手に猫を飼い、いらなくなったら、捨て、可哀想なネコたちが増える。もっと、真剣に考えないと
いけない問題。

YAHOO!ニュースより

この手の犯罪はエスカレートするから怖い。殺人者予備軍の人がいるって事だね。

YAHOO!ニュースより

動物愛護法の罰則を重くするべきという意見が多かったです。

他には、1997年に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生による連続殺傷事件を連想する人が多かったようです。

犯人の中学生は、殺人をする前に動物虐待をたびたび行っていたそうです。

今回はエスカレートしないことを祈るばかりですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする