鹿嶋学の顔画像は?14年越しの逮捕!遺族の想いは?

みなさんは14年前の残虐な事件を覚えていますか?

広島県で女子高校生北口聡美さんが殺害された事件です。

14年たった今、事件に急展開です。

山口県に住む35歳の鹿嶋学容疑者が逮捕されました。

鹿嶋学容疑者とはどんな人?

14年越しの逮捕遺族はどんな想いでいるのでしょうか?

スポンサーリンク


事件の概要

14年越しの急展開に世間が賑わっています。

事件について詳しく見ていきましょう。

14年前、広島県で女子高校生が殺害された事件で、警察は、殺人の疑いで山口県に住む35歳の男を逮捕しました。

TBSNEWSより

35歳の鹿嶋学容疑者は、当時21歳ですね。

あまりに残虐な事件に驚いた記憶があります。

事件は、2004年10月5日に発生しました。当時高校2年の北口聡美さん(当時17)は、定期試験のためふだんより早く廿日市市上平良の家に帰宅。

午後3時ごろ、自分の部屋に居たところを侵入してきた男に刃物で刺され、殺害されました。

「(北口さんの妹が)『お姉ちゃん刺されたんよ』と。犯人はと聞くと『まだおる』と」(近所の人)

北口さんは首や胸、背中をナイフのような刃物で10か所程度刺され、血まみれの状態で階段の下で見つかりました。

警察は目撃情報に基づいて似顔絵を公開。

現場には、スポーツシューズの足跡や、犯人のものと見られる血のついた指紋など、多くの「証拠」も残されていましたが、捜査は難航しました。

TBSNEWSより

被害者である北口聡美さんは、刃物で10ヶ所程度刺され、出血多量で亡くなりました。

駆け付けた祖母も重体を負いました。

現場には指紋など残っていたので、すぐに解決するかと思いきや、14年もたってしまいましたね。

2008年からは、犯人逮捕に結びつく情報に最高で300万円の報奨金を支給する制度を適用しました。

北口さんの父、忠さんは事件解決につながる情報を求めてブログをつづってきました。

毎年、命日の前後には、捜査員らと一緒に事件解決を願ってチラシを配り続けてきました。

TBSNEWSより

遺族の想いが届いた感じですね。

娘・北口聡美さんの無念の想いを抱えて、何年も犯人逮捕に向けて努力してきた遺族の方々。

ホッとしたことでしょう。

鹿嶋学容疑者はなぜこのような残酷な犯行を行ったのでしょうか?

スポンサーリンク


鹿嶋学容疑者について

鹿嶋学容疑者について調べてみました。

プロフィール

名前:鹿嶋 学(かしま まなぶ)

年齢:35歳

住所:山口県宇部市

職業:会社員(建築会社)

鹿嶋学容疑者は、山口県宇部市の建築会社で十数年前から働いているそうです。

顔画像・SNS

報道で鹿嶋学容疑者の顔画像が公開されていました。


出典:TBSNEWS

とても残虐な殺人犯には見えませんね。

FacebookやTwitterを検索してみましたが、本人だと思われるアカウントは見つかりませんでした。

SNSはやっていなかったのでしょうか?

偽名だったり、他のSNSを使用していたのかもしれませんね。

遺族の14年間の努力

北口聡美さんの遺族の方々の努力がようやく報われましたね。

SA・TO・MI ~娘への娘への想い~

2005年12月30日からこのブログが始まっています。

数日おきに北口聡美さんのお父さんが何気ない日常と共に、娘さんとの思い出やを語ったり、娘さんへの想いを書かれていました。

読んでいると涙が出てきます。

遺族の方には長い長い13年6か月だったのではないでしょうか?


出典:TBSNEWS

2008年からは報奨金を支給する制度を適用しました。


出典:TBSNEWS

毎年命日の前後で、事件についてのチラシを配りました。


出典:TBSNEWS

似顔絵や、遺留品もいくつかあったのにも関わらず、こんなに長い時間が経ってしまいました。

犯人逮捕を受けて、ブログが更新されていました。

SA・TO・MI ~娘への娘への想い~

聡美さんのお父さんは、解決と未解決では大きな違いがあると言われています。

本当にその通りです。

今回の犯人逮捕にホッとしたのは事実だと思います。

ですが、聡美さんのお父さんの中では、

「守る事が出来ないで、ごめんなさい」という想いの方が大きいですし、これからも、この想いは持ち続けるでしょうね。

と締めくくられています。

犯人が逮捕されても、亡くなった娘さんが戻ってくるわけではないし、自分の中での後悔はなくならないんですね。

聡美さんへの大きな愛情があったからこそですね。

激似の似顔絵の存在

鹿嶋学容疑者が逮捕された画像と、似顔絵が激似なんです。


出典:TBSNEWS

なぜこんなに似ているのに逮捕されなかったのかが謎です。

まわりの人が似ているなと思ってもおかしくないですよね?

鹿嶋学容疑者の印象

激似の似顔絵が存在するにも関わらず、今まで逮捕されなかったのには、人柄によるものでしょうか?

十数年前から、知人の紹介で働き始めたという現在の鹿嶋学容疑者の勤務先だる職場。

その建築会社の社長男性が

「仕事熱心で現場を任せられるタイプ。シャイで暴力的な感じではなく、後輩の面倒見もいい。まだ信じられない」

このように話されています。

あんなに残酷な事件を起こした人物の印象とは思えません。

北口聡美さんに余程の恨みがあったということでしょうか?

それとも、逮捕を恐れて完全に隠していた

どちらにしても謎ばかりですね。

このあたりの解明を今後の捜査に期待しましょう。

ネットの反応

亡くなった女子高生は怖かったでしょうね。
亡くなったことは本当に残念だけど、今まで犯人も捕まらず、ご家族も辛い日々を送られていたことでしょうね。
少しは報われるかな。
死刑になるのかどうか?

YAHOO!ニュースより

我が家にも警察官が聞きこみに来たのを思い出します。
とても凄惨な事件で、犯人が捕まらないのが他人ながらとても腹立たしく思っていました。
そして毎日通勤で使う駅の張り紙。14年、長かったですね。
それでも捕まって何よりです。
女子高生とその祖母を包丁でめった刺しにした犯人、同じやり方で極刑にして欲しいものです。

YAHOO!ニュースより

もう絶対ダメだと思っていた。
諦めたらいけない、いい教訓になった。
お父さんを含め、ご家族のことを思うと涙が出たよ。
広島は暗いニュースが多かったが、いい仕事した。

YAHOO!ニュースより

この事件はよく覚えてる。捕まって本当に良かった。帰ってくるわけではないが、家族の中でも少しは区切りがつけられるのでは。
改めて大きな事件を起こすような人物は、再犯するんだな、と思う。捜査したら他にも余罪ありそう。適切な量刑を望みます。

YAHOO!ニュースより

良かった!警察官の射殺事件があって
なんて時代なんだと嘆いていたら
未解決事件が解決に向かい犯人逮捕となり
本当に良かった!これで少しは浮かばれる
1つでも未解決事件が解決して欲しい
娘さんのご冥福をお祈りします。

YAHOO!ニュースより

14年もの間この犯罪人がうろうろして居た事が怖い
14年間どう言う精神状態で生活して居たのか・・・
其れよりもわが娘を亡くした親御様はホッとして居る事でしょう・・・無念の気持ちをお察しいたします。
別件で逮捕DNAでの照合 誤魔化しきれない犯人に極刑を下して下さい。

YAHOO!ニュースより

14年もの間、普通に生活してきた鹿嶋学容疑者。

こんな残酷な事件を起こした犯人が普通に生活しているという事実が何より恐ろしいですね。

犯人逮捕に至って何よりです。

この調子で現在逃亡中の犯人なども早く捕まって欲しいですね。

平尾龍磨は今どこに?向島で相次ぐ窃盗事件!


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする