小林遼逮捕!大桃さん殺害は事故でパニック?本当の動機は??

大桃珠生ちゃん殺害事件の犯人がついに逮捕されました。

同じ町内に住む、小林遼容疑者です。

大桃さん殺害の動機は何なのでしょうか?

「事故でパニックになった」と供述がありますが、それが真実なのでしょうか?

スポンサーリンク


小林遼容疑者とは?

小林遼容疑者とはどんな人物でしょうか?

プロフィール

名前:小林 遼(こばやし はるか)

年齢:23歳

住所:新潟県新潟市西区

職業:会社員(電気工事)

被害者の大桃珠生ちゃんの自宅と、同じ町内という本当に近い場所に住んでいます。

事件当日は、就業時間を過ぎてメールで「体調不良で行けない」と連絡があったようです。

顔画像


出典:日テレNEWS24

この画像だけでは何とも言えませんが、派手な感じはしないですね。

地味で大人しそうなイメージです。

評判

小林遼容疑者はどんな人物だったのでしょうか?

近所の方や会社の方印象をまとめてみました。

・コミュニケーション能力は高いです。指示するとちゃんと仕事はこなしてくれる

飲み会は二次会にも参加する。

自分発進で積極的ではないが、大人しく真面目な性格(会社社長)

・挨拶をかかさず、感じのいい子。(小林遼容疑者をよく知る人)

・優しくて明るい子。こんな事件に関わっていたなんて信じられない。(近隣住民)

・気さくな人柄だった。信じられない(以前から小林遼容疑者を知る人)

マイナスイメージがないですね。

それだけに、近所の方や、家族・友人はものすごく驚いたでしょうね。

スポンサーリンク


動機は「パニックになった」から?

新たな事実として、犯行動機が公開されました。

新潟市で小学2年生の女の子の遺体を遺棄したなどの疑いで男(23)が逮捕された事件で、男が「車の事故で女の子にぶつかりパニックになって首を絞めた」などと供述していることがわかった。

一方で男の車の不審な動きも確認されていて、捜査本部は、15日から本格的に取り調べている。

逮捕された男が、事件の経緯について「計画的ではなかった」という趣旨の供述をしていることが明らかになった。

日テレNEWS24より引用

計画的ではなかったというのが、小林遼容疑者の供述です。

ですが、この主張が真実ならば、近所の人が話す人物像と違和感があります。

コミュニケーション能力が高い、真面目、明るい、気さくというのが、小林容疑者によって作られたイメージだとしたら、それが壊れることへのパニックというのは想像がつきますね。

本来、上記のような人物像であれば、そんなことでパニックになるかな?というのが印象です。

大桃さんが泣いたのであれば、そんなに大きな事故ではなかったはずです。

泣いたからと言って、首を絞めるような奇行に出る必要は全くありません。

それとも、ぶつかった時に、何か見られたくない状態だったのかもしれませんね。

この動機が真実なのか、または何か他の動機があるのか・・・。

警察による捜査を待ちましょう。

小林遼容疑者には前科があった!!

Twitter上で話題になっています。

4月にわいせつ事件で書類送検されていたなんて・・・。

これは、やはりそういった目的で大桃さんに近づいたのでは?

そんな風に感じられてしまいますね。

まとめ

大きな事件の真実が少しずつ明らかになって行きますね。

容疑者の身元が公開されたことで、加害者家族にとっても辛い日々が始まったのではないでしょうか。

加害者の人権の問題が・・・と言われるかもしれませんが、4月の事件の事を公にしていたら、大桃さんという幼い少女の命も、小林遼容疑者自身の人生も守れたのではないでしょうか?

こんな救いようのない大きな事件を起こす前に、地域として警戒できたのではないでしょうか。

今後の捜査で、もう少ししっかりとした動機だったり、面識の部分だったり明らかにしてほしいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする