M-1決勝最下位マヂカルラブリーに何が?上沼恵美子激怒の理由

昨日開催された「M−1グランプリ2017」決勝戦。

最下位となったマヂカルラブリーに審査員の上沼恵美子さんが激怒した!

いったいこのコンビに何があったのでしょうか・・・?!

スポンサーリンク



マヂカルラブリー、審査員全員一致の最下位!

昨日開催された「M−1グランプリ2017」決勝戦で、最下位となったマヂカルラブリー。


出典:ameblo

審査員7人が全員80点台で断トツの最下位となりました。

審査員の1人である上沼恵美子さんには酷評される一面が・・・。


出典:teichiku

司会者にコメントを求められた上沼さんは、考え込んだ後、

「好感度上げたかったら審査員としていい点数をあげればいいが、本気で(決勝の舞台に)呼んでるんで本気で言ってます」

これに対し、マヂカルラブリーは、

「本気でやってるから!」

と反論!・・・すると、上沼さん、まさかの激怒。

「本気でやってるっちゅうねん、こっちも!」

続けて上沼さんは酷評。

「一生懸命やってるのはわかるけど、好みじゃない。よう決勝残ったな」

上沼さんの厳しい言葉に二人はガッカリ。

きっと、最下位ってだけでもダメージだったと思うのに、この一場面。

マヂカルラブリーの気持ちを考えると辛いですね。

スポンサーリンク



そんな二人に世間や先輩は優しかった!!

番組終了後、ボケ担当の野田クリスタルはSNSで「ねえ大恥かいたんだけど」と嘆くと、ファンからの励ましの声が次々と届いたそうです。

芸人の先輩方からも、酷評されたことで結果的に笑いにつながったと前向きな声も多く届きました。

LLRの伊藤智博さんは「輝いてたよ!」


出典:kanda.keizai

グランジの大さんは「笑ったよ!」


出典:oricon

品川庄司の品川さんは


出典:livedoor

「その大恥かいてるの超ウケたんだけど〜 筋肉、庄司よりあるし〜数年後にはおもしろいトークになるなぁ〜」

と励ましを。
多くの方からの暖かい励ましで二人も前向きになれ、新たな決意を語っていました。

「上沼さんのやりとりなかったら、ただの最下位」
「来年は上沼さんを笑わす1年にする。笑ってくれたら大成功」

本当にただの最下位なら気にも留めないところを、上沼さんの一言で少なくとも世間に認知されたのではないでしょうか。

2位や3位よりよっぽどインパクトがありますよね。

このやりとりのイジリでまたいろんな番組に出られるような気もします。

その他の「M−1グランプリ2017」の結果は?

第1位 とろサーモン


出典:otaru-uc

2002年結成したとろサーモンのお二人。

今年はラストイヤーでの優勝となりました。

2003年に初めて準決勝に進出し以て降はほぼ毎年準決勝までは勝ち進んでいたようです。

ですが、決勝戦には進んだのは今年が初めて!

第一ラウンドは3位通過だったのですが、最終決戦では1番目にネタを披露し、その結果審査員7人中4票を集めて優勝しました。

ラストイヤーにはふさわしい結果になりましたね。

第2位 和牛 


出典:twitter

2006年結成。

「第44回NHK上方漫才コンテスト」優勝、「M-1グランプリ2016、2017」2年連続準優勝。

昨年のM-1グランプリでは松本人志さんも、和牛の漫才は全部おもしろいと太鼓判。

来年も活躍が期待できそうですね。

第3位 ミキ


出典:yoshimoto

かつての人気司会者の上岡龍太郎を伯父(母の兄)に持つ、2002年結成の兄弟コンビ。

2016年第1回上方漫才協会大賞新人賞、2017年M-1グランプリ3位。

この他にも、漫才でいくつかの賞を受賞しています。

最近ではバラエティ番組でも活躍中。

弟の亜生さんは顔がかわいいと人気で、昂生さんは顔がブスということで有名ですね。

今後も活躍を期待します!

第4位 スーパーマラドーナ


出典:elfenzyme

「マラドーナ」として2003年12月結成するも、2007年12月31日で一旦解散。

2008年4月に「スーパーマラドーナ」として再結成したようです。

2017年、M-1グランプリ2017では準決勝敗退に終わるも、敗者復活戦から見事勝ち上がり決勝進出を果たしました。

3大会連続決勝進出だそうです。

最終的な結果は4位(かまいたちと同点の4位)でした。

解散を経ての再結成ということなので、ぜひいつか大きな賞をとってほしいですね。

第4位 かまいたち


出典:natalie

2004年結成。

2007年 第28回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞、2017年 キングオブコント2017 優勝など、他にもいくつかの賞を受賞しています。

M-1グランプリ2017 決勝進出。

最終的な結果は4位(スーパーマラドーナと同点の4位)でした。

漫才もおもしろいけど、コントもすごくおもしろいコンビですよね。

第6位 ジャルジャル


出典:mobypicture

2003年結成。

2005年 第1回 BGO上方笑演芸大賞と2007 第1回 笑いの超新星で新人賞を受賞。

他にもいくつか賞を受賞しています。

M-1グランプリでは、2010年8位、2015年3位、2017年6位という結果でした。

レッドカ-ペットやめちゃイケで活躍していますね。

第7位 さや香


出典:dreaming-baby

2014年結成。

2017年に第38回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール優勝。

M-1グランプリ2017では地元大阪でも決して知名度が高くないながら決勝進出を果たして、7位となりました。

結成からわずか3年で、M-1で7位というのは大健闘ではないでしょうか。

まだまだ挑戦できるので、今後が楽しみですね。

第8位 ゆにばーず


出典:xn--u8jycrb3f

2013年結成。

2013年、2014年、THE MANZAIにて2年連続認定漫才師に選ばれる。

2016年M-1グランプリ準決勝進出、2017年は決勝進出し、8位!

このコンビも今回で知名度があがりましたね。

第9位 カミナリ


出典:oricon

2011年結成の幼馴染み2人によるコンビ。

2016年M-1グランプリで初の決勝進出を果たし、7位。

2017年のM-1グランプリでも2年連続の決勝進出を果たし、最終的に9位でした。

茨城弁の印象が強いコンビですよね。

また来年もがんばってほしいですね。

第10位 マヂカルラブリー

話題のコンビですね。

2007年結成。

キングオブコント、THE MANZAI 、M-1グランプリに毎年挑戦しているようですが、特別大きな結果は残していないようでした。

来年は期待できそうですね!

まずは、上沼さんに笑ってもらいましょう!!

まとめ

上沼さんはきっと愛のムチだったのでしょう。

マヂカルラブリーは、結果的に世間の印象に残り、来年への目標を見つけられましたね。

上沼さんの愛のムチを糧にして、来年は漫才で人々の記憶に残ってほしいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする