仁田武蔵、空き巣で逮捕!!被害総額2100万の犯行の手口や顔画像特定??

通夜や告別式で留守になっている家を狙って空き巣に入っていた卑劣な犯人逮捕!!

昨年5月から同様の事件が16件発生。

被害総額は2100万!!

家族を亡くし、悲しんでいる自宅に入るなんて・・・。

その卑劣な犯人の犯行手口や顔画像を特定しました。

スポンサーリンク


事件の概要

東京・台東区の住宅に空き巣に入った容疑で、仁田武蔵容疑者が逮捕されました。

告別式中の家に空き巣に入るという卑劣な手口・・・。

事件の詳細は、

通夜や告別式で留守の家を狙って、空き巣を繰り返していたとみられる男が逮捕された。

警視庁によると、逮捕された無職の仁田武蔵容疑者は、先月、東京・台東区の住宅に侵入し、現金約350万円や指輪などを盗んだ疑いがもたれている。

当時、被害にあった家は告別式の最中で誰もおらず、仁田容疑者は仏壇にあった香典が入った封筒を盗んだという。調べに対し、仁田容疑者は「生活費ほしさでやった。他にもやった」と容疑を認めているという。

周辺では去年5月から、町内会の掲示板に通夜や告別式のお知らせを出すと、当日に空き巣に入られる被害が16件発生し、被害額は2100万円にのぼっているということで、警視庁は関連を調べている。

日テレNEWS24より引用

スポンサーリンク


仁田武蔵容疑者の顔画像特定!!

プロフィール

名前   仁田 武蔵(にった たけぞう)

年齢   40歳

住所   不詳

職業   不詳

顔画像

逮捕時の仁田武蔵容疑者です。


出典:日テレNEWS24

この他にも顔画像やプロフィールなどの情報はないかSNSを探してみました。

Facebook、Twitterでアカウントを探してみましたが、同姓同名のアカウントもありませんでした。

よくある名前ではないので、特定できるかと思いましたが、登録してないようです。

犯行の手口とは??

仁田武蔵容疑者は、空き巣に入る家をどうやって決めていたのでしょうか?

それは、隣近所へ通夜、告別式を伝える際のお知らせなどをチェックしていたようです!

今回被害にあった住宅の近辺では、町内のお知らせを掲示すると空き巣に入られるというのが昨年2017年5月から16件もあったようです。


出典:日テレNEWS24

今回被害にあった家も告別式の最中で留守にしていたところを仁田武蔵容疑者に空き巣に入られました。

仁田容疑者は仏壇にあった香典が入った封筒や、指輪や商品券、計25点総額350万円盗んだ疑いがかかっています。


出典:FNN

今回空き巣に入られた家も、町内の掲示板でお知らせしたようでした。

出典:FNN

こんな風に住所まできちんと書いたものを掲示していたようです。

仁田容疑者はこの近くが行動範囲だったのでしょうか?

近所へのお知らせすら防犯を意識しないといけないという世の中って・・・。

今後はこういったことも気を付けなければいけませんね。

余罪は・・・?

「生活費欲しさにやった。他にもやった。」

と供述していることから、同じ手口の他16件も仁田武蔵容疑者の仕業なのでしょうか?


出典:FNN

もし、これが仁田容疑者の犯行なら、被害総額2100万円・・・。

何か事業でも始めれそうな金額ですね。

無職で住所も不詳とのことなので、お金が無くなれば、犯行を・・・と繰り返していた可能性もありますね。

現在警察が捜査中なので、情報が公開され次第、また追加していきます。

ネットの反応

悲しみにくれる家族に追い打ちを掛ける行為は許せない!しかし2,100万円とは随分とやったもんだね。

YAHOO!ニュースより引用

この犯人はくさってる。許せない。悲しいお葬式が終わって、盗まれるてありえない。犯人は極刑で良いと思います。

YAHOO!ニュースより引用

被害が相次いでいるなら警戒せいやって話

YAHOO!ニュースより引用

こういうのがいるから、対策が必要。
例えば親族の家に香典は隠し預けるとか、少し遠い親族が留守番するとか。

YAHOO!ニュースより引用

うちも、御近所も地元の風習と言うか必ず親類の人間を一人留守番で居てもらい入れ替わって後から葬儀に参列します。

YAHOO!ニュースより引用

人が悲しんでる隙をつく犯人の卑劣さにあきれますね。

でも、地域の風習で、そういう場合に留守番を設置するというところもあるそうです。

今は近所でも付き合いがなかったりもするので、隣近所で協力して留守番とかは難しいかもしれませんが、家族で協力などした方がいいですね。

この事件を機に、みなさんも地区のお知らせの仕方や、掲示板など、もう一度防犯を考えて見直してみるといいかもしれないですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする