小田求の顔画像判明!妹家族殺傷事件。精神疾患の可能性は?

昨日5月13日午後7時ごろ、千葉市稲毛区小仲台2丁目の飲食店「三代目浜包丁」家族が刃物を持った男に襲われる事件がありました。

一緒に食事をし、一家を襲った容疑者は、なんと母親の兄だったのです。

重体と報じられた6歳の女児は残念ながら亡くなってしまいました

なぜ、妹一家を襲った?

精神疾患の可能性はあるのでしょうか?

スポンサーリンク


小田求容疑者について

昨日は、40代男性で、元千葉市議かもしれないという情報のみでした。

本日14日に色んな事実が明らかにされました。

プロフィール

名前:小田 求(おだもとむ)

年齢:46歳

住所:不明

職業:元千葉市議

一家との関係:母親の兄

個室で一緒に食事をしているという点から、身内もしくは、親しい友人だと想像してましたが、本当に身内だったということに驚きです。

顔画像・SNS

顔画像はこちらです。


出典:TBSNEWS

見た目からは、殺人をするなんて考えられないですね。

スポンサーリンク


事件の概要

事件について振り返ってみます。

13日午後7時すぎ、千葉市稲毛区の飲食店で男が一緒に来店していた家族4人を、いきなり包丁で切りつけました。

男は、入店からおよそ10分後、個室の中で、隣にいた父親に切りつけ、

その後、斜め向かいに座っていた6歳の長女、

続いて母親と1歳の次女の順に次々と襲ったということです。

4人は病院に運ばれましたが、6歳の長女が死亡。

父親と母親が重傷、1歳の次女が軽傷です。

TBSNEWSより引用

なぜこんなに次々と犯行を重ねていったのでしょうか?

妹一家にどんな恨みがあったというのでしょうか?

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、母親の兄で、元千葉市議の小田求容疑者、46歳。

小田容疑者を知る人は・・・

「そんな事件を起こすような感じの人ではない」(小田容疑者の知人)

「精神的に安定していないところがあると聞いた。家族とうまくいっていないと」(小田容疑者の知人)

また、その後の警察への取材で、小田容疑者が包丁をバッグに入れて、店内に持ち込んでいたとみられることがわかりました。

取り調べに対し、小田容疑者は、時折、意味のわからないことを話しているということですが、逮捕容疑については、「弁護士が来るまでは話しません」と供述しているということです。

小田容疑者は事件前に沖縄から千葉に移動したとみられていますが、警察は事前に犯行を計画していた可能性もあるとみて詳しく調べています。

TBSNEWSより引用

包丁を持っていたこと、入店十数分後の犯行な事を考えると計画していたのかもしれませんね。

実の妹の一家を傷つけるなんて何があったのでしょう。

精神疾患の可能性は?

「精神的に安定していないところがあると聞いた。家族とうまくいっていないと」(小田容疑者の知人)

元々少し精神的に不安定なところがあるようですね。

精神疾患があるかどうかは明らかにされていませんが、何かある可能性もありますね。

今後の捜査でこの辺りが明らかになってくるかもしれませんね。

犯行現場は?

事件があった現場は、千葉市稲毛区小仲台2丁目の飲食店「三代目浜包丁」です。


出典:FNN

JR総武線の稲毛駅前の繁華街のビル内の店舗です。

公開された現場写真を見るとあたりは騒然としていますね。

こちらの店舗で間違いないですね。

海鮮・鮮魚の料理が自慢の個室居酒屋です。

元千葉市議だが、なんと前科があった!

2013年3月25日の新聞記事が見つかりました。

千葉県警千葉北署は25日までに、父親(66)を殴ってけがをさせたとして、千葉市議の小田求容疑者(40)=同市稲毛区小仲台4=を傷害の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は19日午後3時50分ごろ、稲毛区の父親宅で、父親を棒のようなもので殴り3週間の軽傷を負わせた疑い。

同署によると「(事件のことは)答えたくない」と供述している。

父親は母親(65)と2人暮らしで、母親が「息子が暴れている」と110番。

小田容疑者は連絡が取れなくなっていたが、23日に横浜市中区の路上で見つかり逮捕された。

千葉市議会事務局によると、小田容疑者は2009年10月の補選で初当選し、現在2期目。

日経経済新聞より引用

この時は、実の父親に全治3週間のケガを負わせたようですね。

この事件といい、前回の事件といい、

「事件の事は答えたくない」

と供述しているんです。

スッキリしない事件です。

まとめ

一家殺傷事件が、身内の犯行という非常に悲しい結果でした。

小田求容疑者の犯行動機は明らかにされていません。

今後の捜査の進展を待ちましょう。

亡くなってしまった6歳女児のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする