大桃珠生ちゃん殺害事件、犯人逮捕に至るか?!重要参考人は誰??

事件から1週間です。

ようやく大きな進展です。

5月14日朝より、警察が重要参考人に事情聴取を開始しました。

重要参考人とはいったい誰??

事件の経過とともに見ていきましょう。

スポンサーリンク


重要参考人とは?

現在事情聴取されている重要参考人とはいったい誰なのでしょうか?

名前:不明

年齢:20代

住所:事件現場の近所(新潟市西区)

職業:不明

現在公開されている情報はこれだけです。

事件現場の近くに住んでいたから、あまり目撃されずに連れ去ることができたのかもしれませんね。

そして、わずか10分間の間に線路に遺棄できたのでしょう。

事情聴取開始から、半日が経っています。

重要参考人は犯人ではないのでしょうか?

今後の情報が気になりますね。

スポンサーリンク


事件の経過

2018年5月7日の夜に少女が線路で電車にはねられたことが事件の始まりでした。

時系列で見てみましょう。

事件をめぐる経緯(県警、JR、学校などへの取材から)

【7日】

朝 大桃さんが小針小に登校。その後、友人に「(登校中に)サングラスをかけたおじさんに追いかけられた」と話す

午後3時ごろ 大桃さんが友人と一緒に下校

午後3時すぎ 友人と別れ、自宅から300メートルほどの踏切付近を1人で歩いていたという目撃情報

午後5時ごろ 母親が県警に通報。警察官100人態勢で捜索

午後9時半ごろ 小針小の校長が自宅を訪問。40~50分滞在し、両親に声をかける

午後10時29分 自宅から百数十メートルのJR越後線の線路上で大桃さんが列車にひかれる

【8日】

午前9時半 遺体の司法解剖が始まる。死因は窒息死と判明

午後4時半 新潟県警が殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置

朝日新聞DIGITALより引用

今日でちょうど一週間でした。

ご家族の悲しみが言えることはありませんが、犯人逮捕に至れば気持ちも違ってくるのではないでしょうか。

犯人逮捕に至ることを祈ります。

 犯行現場は?

新潟市西区青山水道のJR越後線の線路付近での事件です。

5月7日朝、この道のどこかで不審者に追いかけられた大桃珠生ちゃん。

近隣住民によると、珠生ちゃんは、一人で下校することあったようですが、帰りは恐怖心もあったのでしょうか、友人と下校しています。

そして、15時15分頃に小針駅踏切付近で友人と別れてから行方不明となってしまいました


出典:TBSNEWS

やや緩やかなカーブがあったり、電車の音であったり、色んな物が邪魔をして見通しが良いとは言えない場所でしたね。

ネットの反応

通学路に家の有る奴で、車の無い奴だと思った。
直ぐ捕まるかとは思ったが、命は戻らない。
極刑を望みます。

YAHOO!ニュースより

重要参考人ってことはまぁ9割この人ってことなのかな。
誤認無しでしっかり捕まえて欲しい

YAHOO!ニュースより

待ってた。やっと。。。やっとだ。

YAHOO!ニュースより

犯人とまだ決めつけたらいけないのかもしれないけど、見つかってよかった。
同じ小学校のお子さんの親御さんもホッとしてると思う。

YAHOO!ニュースより

多分、早々に目星はつけてたんだろうけど、ガチガチに証拠固めてたんでしょ。

20代か…何やってんだよ。

YAHOO!ニュースより

これで解決したとしても学童がいる全国の親達の不安は解消されるわけではない
通学路にどんな異常者が住んでいるか分からない不安が確信に変わったのだから

YAHOO!ニュースより

アメリカのどこかの州は15歳まで(現在は13歳らしい)1人で外出させてはいけないという法律があるそうですが、日本もそういう時代になったのかもしれません。共働き、女性進出、少子化などには足枷になってしまうかもしれませんが、今回のような事件は二度と起こしてはならないので本気でみんなで知恵を出して解決して行かなければならないと思います。

YAHOO!ニュースより

指紋のニュースがあったことで、そろそろかなって期待してました。柵はともかく、ランドセルから家族や学校関係者以外の指紋のが出るってことは、そうないでしょうからね。

次は逮捕の速報待ってます。

YAHOO!ニュースより

みなさん同じ意見ばかりでした。

重要参考人の段階ですが、事件の大きな前進にホッとしますね。

本当に逮捕に至ることを祈ります。

この事件が犯人逮捕で終わったとしても、近隣住民はもちろん、全国の幼いお子さんを持つご両親には課題が残りますね。

わずかな時間でも一人になれば、事件に巻き込まれてしまう。

本当にショックな事実です。

これから地域で色々と対策を考えななくてはいけませんね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする