あおり運転の笹川秀治容疑者の顔画像は?金属棒で暴行の驚くべき動機とは?

平成最後の社会現象ともいえるぐらいあおり運転による逮捕者が増えています。

またしてもあおり運転の末、暴行したとして笹川秀治容疑者が逮捕されました。

笹川秀治容疑者の顔画像や、暴行の動機を調べていきます。

スポンサーリンク


事件の概要

またもあおり運転での逮捕者が出ています。

平成最後の社会現象とも言えますね。

詳細は・・・

北海道・札幌市で11月、あおり運転の末、相手の運転手を金属の棒で殴ったとして、43歳の男が、傷害の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、北海道・南幌町の自称とび職・笹川秀治容疑者(43)。

笹川容疑者は11月25日午後3時すぎ、札幌北区の路上で、車両の走行方法でトラブルになった39歳の男性会社員を、金属の棒で殴り、軽いけがをさせた疑いが持たれている。

警察によると笹川容疑者は、あおり運転の末、男性の車の前に出て停車させたあと、男性を車から降ろさせ、金属の棒で足を殴ったという。

笹川容疑者は容疑を認めていということで、警察で、さらにくわしく事情を聴いている。

FNNより引用

この笹川秀治容疑者、あおり運転だけではありません。

あおり運転の末、金属の棒で暴行しています!

なぜこんなことになったのでしょうか。

あおり運転、暴行の驚くべき動機とは・・・?

笹川秀治容疑者について

笹川秀治容疑者について調べました。

プロフィール

名前 笹川 秀治(ささかわ ひではる)
年齢 43歳
住所 北海道空知郡南幌町
職業 自称 とび職
容疑 傷害

自称とび職という事は、自営業でしょうか。

それとも無職に近いのでしょうか。

職業で判断するわけではありませんが、気になりますね。

顔画像・SNS


引用:FNN

現時点では顔画像は公開されていませんでした。

FacebookやTwitterを検索しましたが、本人のアカウントは見つけられませんでした。

引き続き調査していきます。

スポンサーリンク


笹川秀治容疑者の驚くべき犯行動機とは?


引用:FNN

笹川秀治容疑者があおり運転や暴行を行った動機は何だったのでしょうか?

札幌北区の路上で、車両の走行方法でトラブルになったと報道されていました。

恐らく、スピードであったり、追い抜きではないかと想像できます。

39歳の男性会社員の何気ない行為に激高したのでしょう。

もしかすると、39歳の会社員の方もマナー違反な運転をしたの可能性もありますが、あおり運転や暴行をしていい理由にはなりませんよね。

車を停車させ、男性を車から降ろし、金属棒で殴っています。


引用:FNN

恐ろしすぎます。

男性はすごく恐い思いをしたのではないでしょうか。

詳しい犯行動機は明らかになっていませんが、走行方法でトラブルになり、キレてしまった・・・という感じでしょうか。

笹川秀治容疑者自身も明確な犯行動機と問われてもはっきりわからないかもしれませんね。

被害者情報


引用:photo-ac.

39歳男性
会社員
笹川秀治容疑者と走行方法のトラブル
金属棒で殴られ、足に軽いケガ

公開されている情報は上記の物だけでした。

足のケガは軽いものという事なので、何よりです。

この他にはけが人などはいないようです。

スポンサーリンク


笹川秀治容疑者があおり運転をした現場はココ!

笹川秀治容疑者があおり運転を行っていたのは札幌市北区のようです。

詳しい場所までは公表されておらず、事件現場の特定はできませんでした


引用:FNN

こちらが犯行現場の画像です。

北区は大きな住宅街と言った感じです。

事故の時間帯も午後3時です。

どの道路であっても、近くに歩行者はいたのではないでしょうか。

被害者が多くならなかったのは不幸中の幸いかもしれませんね。

あおり運転の罰則は?


引用:photo-ac.

『あおり運転』という言葉を最近本当によく耳にしますね。

逮捕者が出ているのも知ってはいますが、具体的にあおり運転の罰則ってご存知でしょうか?

あおり運転について調べてみました。

道路交通法では事故にまで至っていなくても、将来、事故を起こす可能性が高いと認められる人は免許を停止することができると規定されています。

ですが、実際にあおり運転が減らないのはなぜでしょうか。

『事故を起こさなければいい。』

こんな思いがあるからではないでしょうか。

あまりに増えるあおり運転に警察庁は

「事故にまで至らずとも、免許停止など適切な処分を行うように」

と全国の警察に指示したようです。

事故に至らなくても、将来的に事故を起こす可能性が高いと判断された場合、免許を停止できるのです。

免許停止の期間は30日~180日です。

更に、2018年1月から罰則を強化、悪質・危険とみられるあおり運転には、道路交通法違反のみならず、危険運転致死罪や暴行罪などを適用し、これまで以上に罰則を強化していっています。

国民の声を反映する形で罰則が強化されています。

ですが、この事実を知らない人の方がおおいのではないでしょうか。

飲酒運転が徹底されているように、あおり運転についてももっと徹底されるように考えなければいけませんね。

ネットの反応

傷害罪で起訴されるんだろうけど、もう運転免許与えてはダメでしょ。法改正してこういう犯歴や適性しない人間は免許永久剥奪するようにした方が良い

あおり運転が全国で問題になっているのに。。。
アホが後を絶たないね。

とび職でも仕事、人格ともに素晴らしい方も多いと思うが、何故か納得してしまう…

煽り運転イコール、テロと認定する。国防に関することであるから、本来は交通警察ではなく公安警察や自衛隊の出番だが、体制も限られていることから、我々一般市民も自ら立ちあがりテロと戦う必要がある。煽り運転を仕掛けられたら国民を守る為、国防の為、即時に反撃して命を懸けてこれを粉砕するつもりだ。煽り運転するテロリストも当然命懸けになるので、仕掛ける場合は覚悟しておくことだ。

ホントに煽り運転が後を絶たないな。悪質なものは免許取り消しにして、その後も免許取れなくしてほしい。

自分は運転しないが、そもそもあおり運転をする人間は要は、自分がなめられた、バカにされたと思うからその報復としてやるのかね?!歩いている人間同士ならええが高速で走ってる車なら即、死亡事故につながりかねないだろ!?あおり運転=傷害致死予備罪(?)位の罪状で無条件免許永久失効にして欲しいね。

スポンサーリンク


まとめ

平成最後の社会現象と言えるぐらい増えているあおり運転。

何も対策はされていないのかと思っていましたが、警察は国民の声を聞いてくれていましたね。

2018年1月から罰則が強化されていました。

これを機にあおり運転が少しでも減ってくれることを祈るばかりですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする