柴橋哲也の顔画像は?!事故で女子大生重体・・・。

柴橋哲也容疑者が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。

21日午前1時前に、道路を歩いていた女子大生が柴橋哲也容疑者の車にはねられました。

女子大生は意識不明の重体だそうです。

スポンサーリンク


事故の概要

事故は、21日の午前1時前におこりました。

真っ暗で街頭も少ないような道路です。

事故当時は吹雪もすごかったようですが・・・。

詳細を見てみましょう。

21日未明、後志のニセコ町で道路を歩いていた女子大学生が後ろから来た車にはねられ、意識不明の重体です。


21日午前1時前、ニセコ町の道道を歩いていた札幌市厚別区の大学生、三品未和さん21歳が後ろから来た乗用車にはねられました。

三品さんは頭などを強く打ち、意識不明の重体です。また、はねられた三品さんの体が、前を歩いていた20歳の男子大学生にぶつかり、この男子大学生もけがをしています。

三品さんらは同じ大学の4人できのうから旅行に来ていて、宿泊するロッジに戻るところでした。

警察は乗用車を運転していたニセコ町の調理師、柴橋哲也容疑者46歳を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。

警察によりますと柴橋容疑者は「ホワイトアウトで発見が遅れた」と話しているということです。

HTBニュースより引用

画像を見る限り、街頭もないです。

深夜1時前ということなので、車通りもほとんどなかったことが想像できます。

こんな時間になぜ歩いていたのでしょうか。

意識不明の女子大生は深夜に何を??

被害者の三品さんらは同じ大学の4人できのうからゼミの合宿に来ていて、宿泊するロッジに戻るところだったそうです。

事故時は、コンビニに行って買い物した帰りだったようです。

深夜にどうしてもコンビニに行かなければならなかったのでしょうか?

翌日ではダメだったのでしょうか?

みんなで来ていて、気が大きくなって、大丈夫だと過信してしまったのでしょうか?

北海道在住の方が、深夜に吹雪の中出歩くって、普段ならあまりしないことのようなので、疑問ばかりが残ります。

スポンサーリンク


柴橋哲也容疑者はどんな人?

名前:柴橋 哲也(しばはし てつや)

年齢:46歳

住所:不明

職業:調理師

現時点では、顔画像は公開されていませんでした。

Facebookに同姓同名アカウントがありましたが、本人だと断定できないため、掲載は控えたいと思います。

調理師という事ですが、仕事帰りだった可能性も考えられますね。

顔画像や、その他の情報が公開され次第追記していきたいと思います。

事故現場は??


出典:Googleマップ


出典:日テレNEWS24

事故現場の画像を見る限り、街灯もなく、深夜では見えにくいでしょうね。

この状態に、さらに吹雪ということなので、ほぼ見えなかったのかもしれませんね。

発見が遅れたという柴橋哲也容疑者の言い訳は本当でしょうね。

ネットの反応

危険なホワイトアウトの状態では
歩行者は余程でない限り見えません
車だって分からないのに

どちらもお気の毒です
御快復を祈ります

YAHOO!ニュースより引用

なぜそんな午前1時頃に買い物行くの、そのあたりコンビニもないはず、車に気がつかなかったのは歩きスマホ?

YAHOO!ニュースより引用

雪山の状態にもよるけど、夜ならホワイトアウトでも車の接近はわかるはず。

車道を歩いていたなら、車の来る方を注視して万が一は雪山に少しでも登れば逃げられたのでは?

しかし吹雪のニセコで深夜に車道を歩行とは危ない行為。

車はホワイトアウトでは安全走行は難しい。

北海道なら幹線道路には路肩の上に矢印があってそれを見ながら走れないこともないが、状況による。

でも、歩行者の責任にはやはりできないでしょうね。

YAHOO!ニュースより引用

かわいそうだけど、雪国で暮らす者としては、吹雪の日に出歩くのはなるべくやめて頂きたい。
車も運転すべきでないかも知れないけど。

YAHOO!ニュースより引用

前が見えないのにスピード出してるのが悪い。徐行してたら間に合わなくてもケガぐらいですむし

YAHOO!ニュースより引用

申し訳ないけれど、そんな時に車であろうと徒歩であろうと出歩くのは危険。何度も何度も言われてきた事なのに

YAHOO!ニュースより引用

雪の降る地域では、事故当時のような吹雪の状態では、車でも徒歩でも出歩くのは危険と言われているんですね。

今回は、被害者三品未和さんは、合宿に来ていた女子大生という事でしたが、札幌市厚別区の大学生です。

加害者の柴橋哲也容疑者もニセコ町在住です。

両者ともに、知らなかったということはないと思いますが・・・。

少しの油断でしょうね。

「大丈夫!」お互いにそんな風に思ったのかもしれませんね。

三品さんの回復を、心から願います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 田口 より:

    三品さん、お亡くなりになりました。