【嫌われ芸人】品川祐が辿り着いた!!「自虐最強論」とは何?

ありとあらゆる人から嫌われている【嫌われ芸人】のレジェンド、品川庄司の品川祐さん

最近では、嫌われ系の事でしかTVに出てないような気がします。

そんな品川さんが嫌われ続けて辿り着いた「自虐最強論」を披露!!

いったいどんな内容なんでしょうか?

スポンサーリンク


品川が辿り着いた「自虐最強論」とは?

世間、スタッフなど、ありとあらゆる人から嫌われている品川さん。


『俺の持論』に出演した際、語った自虐最強論」とはいったいどんなものでしょうか??

どんな時でも自虐を!!

「失敗」や「ウィークポイント」などマイナス要素を自虐的に明かすことで相手とのコミュニケーションを図るそうです。

1.悪口を言われた時は、まず自虐を!!

悪口を言われた時は、自虐で返せば相手の攻撃は緩む

2.褒められた時にも、秒単位で自虐を!!

褒められた時は調子に乗らず自虐で返そう

3.誰かを注意したい時にも自虐を!!

自分を巻き込んで、自虐を言いながら相手を注意する

人気者はみんな自虐を使っている!

1.マツコ・デラックス  「私なんか一生幸せになれない」

2.有吉弘行  「地獄を見た、立場がすでに自虐」

3.明石家さんま  「離婚」、「出っ歯」

「弱点や不幸をみんなの前で明るく話せば克服できる。自虐はいずれ自信に変わる」

これが品川さんの出した結論です!

レギュラー番組がなくても、こんなにみんなに嫌われていても、それでもTVに出れる品川さん。

この「自虐最強論」を武器にして、鉄のハートで挑み続ける姿勢、世間の空気を読める才能

これだけのトーク力があるのに、嫌われているっていう残念な現実。

なんで品川さんはこんなに嫌われているのでしょうか?

スポンサーリンク


そもそも品川はなぜ嫌われた??

炎上事件

現在はMCとしての評価も高い、南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太さんが、若いころ品川さんに洗礼を受けたそうです!


出典:asagei

2005年、山里さんがテレビに出始めたころ、上手い返しをすることができなかったそうです。

その場が微妙な空気にしてしまうと、先輩の品川さんがやって来て

「笑われる人って楽ですよね。僕ら笑わせる方だから大変なんですよ」

と、カメラが回っていないのに、後輩の山里さんをいびってきたそうです。

さらに、追い打ちをかけるように

「凄いですね。やっぱ、旬でポッと出た人って先輩がああいう面白いこと言ってくれても、スベっても平気なんですね。尊敬します。握手してください」

と、ネチネチと嫌味を言ってきたそうです。

これは性格悪い以外の何者でもないですね!

この件で品川さんのTwitterは炎上、アカウント削除まで追い込まれました。

後日山里さんと品川さんはラジオ番組で共演。

炎上の原因となったいじめについて話し合い。

その時の品川さんの発言が余計に印象を悪くさせたような気がします。

「覚えていないが言ったかもしれない。でも愛情表現だった」

完全にいじめた側の人ですね。

スタッフへの態度が悪すぎる

現在はどうか分かりませんが、若い時はADさんなど立場の弱い裏方さんに対して、すごく横柄な態度をとっていたんだとか・・・。

・打ち合せスタッフが全員女性だったら台本を手に取りもしない

ヘッドフォンをしたまま打ち合わせをする

あいさつ、会話をしない、目も合わさない

など日常だったようです。

「スタッフに嫌われてます。どこの局の誰がっていうより、裏方の人間には品川を嫌ってる人が多い。スタッフから干されて仕事が減ったって噂ですね」

この二つが主な理由のようですが・・・これは嫌われても仕方ないんじゃないでしょうか。

いくら「尖ってた」とは言え、人としてレベルですからね。

現在の世間の反応は??

意外と嫌われてない??

嫌いな人は本当に嫌いなんでしょうけど・・・。

おもしろいのが、「嫌いじゃない」ってのは多いけど、「好き」って人はほとんどいないっていう。

現在は昔のような態度やいじめはなさそうですが、一度ついた強烈なイメージをひっくり返すのは難しそうですね。

本物の嫌われ芸人のレジェンドです!!

今後も自虐最強論を武器に活躍してほしいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする