鈴木志津子の顔画像は?父親は何をしていた?動機やSNSも調査。

母親である鈴木志津子容疑者が、娘の首を両手で数回絞める暴行を加えたとして逮捕されました。

この親子にいったい何があったのでしょうか?

父親はいったい何をしていた??

事件の概要

事件の発覚は、小学校の担任が長女に首のあざを確認したことがきっかけでした。

詳細は・・・

茨城県警大宮署は23日、暴行の容疑で、同県常陸大宮市野中町の無職、鈴木志津子容疑者(42)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は、20日ごろの夕方、自宅で小学6年の長女(11)の首を両手で数回絞める暴行を加えたとしている。

同署によると、小学校の担任が長女に首のあざを確認したところ、母親に絞められたと話したため、児童相談所を通じて同署に連絡があったという。

産経デジタルより引用

女性の力で首にあざが残るぐらいの締め方なので、本気で絞めたのではないかと想像できます。

実の娘に対して、そんな行為に及ぶなんて、何か余程の事情があったか、日常的に虐待が行われていたか・・・でしょうか。

鈴木志津子容疑者はいったいどんな人物なのでしょうか。

鈴木志津子容疑者について

鈴木志津子容疑者について調べてみました。

プロフィール

名前 鈴木 志津子
年齢 42歳
住所 茨木県常陸大宮市野中町
職業 無職

42歳で無職という事は、専業主婦でしょうか?

鈴木志津子容疑者と娘の情報しかありませんでしたが、家族の背景はどうなっているのでしょうか

顔画像・SNS

現時点では顔画像は公開されていませんでした。

FacebookやTwitterを検索しましたが、本人だと断定できるアカウントはありませんでした。

検索結果が気になる方はこちらをどうぞ。

FacebookTwitter

父親は何をしていた?

母親である鈴木志津子容疑者が、小学6年生の娘の首を絞めるという事件です。

父親はいったい何をしていたんでしょうか。

父親は何も知らないのか、止めに入ったから殺害とかにならずにすんだのか…。

はたして父親はいるのでしょうか?

母親と娘という情報のみで、他の家族の情報は何も公開されていませんでした。

また何か情報があれば追記していきます。

娘の首を絞めた原因は?

娘の首を絞めるという事は、余程何か理由があるのではないかと思います。

一般的には、日常的な虐待の可能性もあるとは思いますが、その情報は、いっさいないので考えにくいですね。

反抗期の娘に切れてしまった

娘に絶望して犯行に及んでしまった

首を絞めるという行為に及んだ母親にも問題はありますが、もしかしたら、そんな行為をさせてしまった娘にも問題があるのかもしれませんね。

犯行現場は?

茨木県常陸大宮市野中町にある親子の自宅です。

田んぼの中に住宅といった感じののどかな街という印象です。

この静かなところで、今回のような事件。

近隣住民の方もショックでしょうね。

ネットの反応

担任の先生が気付いてくれて良かった。

我が子を殺めたり虐待する親が多いけど、鬱っぽくなってたりする場合もあるよね。

育児ノイローゼは勿論、我が子の成長に悩んだり色々あるとは思う。

誰かに相談出来たら良いけど、それが出来ない人もいらっしゃると思います。

ご主人がいらっしゃるなら、やっぱりご夫婦で相談出来る関係で居て欲しい。

YAHOO!ニュースより

言葉を選ぶのが難しいですが、他人に被害を伝えられる段階で助けられたことは幸いだと思います。
女の子はもちろん、担任の先生も勇気がいったでしょう。
母親の逮捕後も虐待再発防止と女の子のケアに注力してほしいです。
明るみになった後に、子供に悪いという感情でなく子供のせいで辱しめを受けた子供のせいでという感情がこれまでの事件など見てると見受けられます。
見つからないように被害を言えないようと陰湿化しないよう周囲も気を配ってあげてほしい。

YAHOO!ニュースより

小6女子は反抗期で本当に生意気盛りです。
特に母親とぶつかることは多々あると思います。
取っ組み合いになる母娘もいました。
ただ、首を締めるつもりでやったのかそうではなかったのか状況がわからないけれど、どうであれ母親はこの時点ではすっかり理性を失っていますよね。
娘さんはさぞかしショックだったことでしょう。
これは夫婦間のコミュニケーションが希薄だと陥りやすいパターンの一つです。
子供の思春期、反抗期は夫婦がより協力し合って育てていかないとトラブルが生じやすいのです。
殺してしまうところだった、と冷静になった時に母親は足がすくむ思いだったかもしれません。
思春期の子を持つ母親(母親ではなくても日頃最も身近に接している者)は誰しも他人事ではないのです。
とにかく娘さんが今後幸せに成長できるよう祈るばかりです。

YAHOO!ニュースより

もちろん首を絞めたのは普通ではないが、
そこまでに至った経緯というのは無視していいものでもないと思います。
そこは、5才の子の虐待とは違うところ。
子育て経験ないとわからないけれど、小6の女の子ってすごく難しい時期。
親の言葉が届かなかったりするし、
最近は小学生もスマホを持つようになって、
これが思っている以上に親子の関係によくない変化をもたらす。
母親ではダメというときに、父親が果たすべき役割を果たさないと、
母親と娘だけの切迫した状態になってしまう。
母親にやられた、とあっさり言った、
子供がこれからどうなるのか。
割り切れないものを感じる。

YAHOO!ニュースより

殺されなくて良かったけど、これって暴行の容疑じゃなく、殺人未遂では!?
長女が自分の思い通りに動かなかったんだろうか!? 口答えにキレたんだろうか!? いずれにせよ、クビを何回も絞めて良い理由にはならないし。。。
ガマンができない親が多過ぎる気もします。

YAHOO!ニュースより

この件はどういう経緯でそうなったのかは、書かれてないのでわかりません。母親を擁護する訳でもないですけどら、、、時代が違うかも知らんが、小学生のときはあかんことしまら親に全裸で放り出されたり、顔面蹴られたりしてたし、中学生では格技室で担任に1時間ボコボコにしばかれたりしてました。今となっては、それがあるからやってはいけないこととかの理性が身についたと思う。
ただ担任が気付いてこの子が大事にならんくてよかった。

YAHOO!ニュースより

虐待は許されないことやけど、11歳は反抗期キツイ子もいてるし、女子なら口がたつから腹立つ年齢でもある。

親子で悩んだり奮闘してる時期なのかもしれないから、早めに見つかって良かった。
どちらもが救われますように。

YAHOO!ニュースより

この担任の先生の子供への愛情と観察力と判断力は大きく評価されるべき事だと強く思います。
教員の教育実習のテキストに入れて下さい。

生徒の危険を救えない、正反対の教員をたくさん見ています、聞いています。

YAHOO!ニュースより

母親を攻める意見より、擁護であったり、心配するような意見が多くあり驚きました。

やはり、小学6年生という多感な時期の女の子は親であっても扱いが難しいようですね。

今回の事件では、担任の先生がお手柄ですね。

よく見ていていてくれる先生が少なくなってきている中で、こういう先生に出会うと本当に幸せですよね。

まとめ

今回は日ごろの関係であったり、家族背景がわからないので、はっきりした犯行動機はわかりません。

日々の反抗に対してストレスが溜まりに溜まって、母親である鈴木志津子容疑者が爆発してこんなことになってしまったのであれば、やりきれないですね。

どこかに、誰かに頼っていたら、こんなことは起こらなかったかもしれません。

今このニュースを知って、明日は我が身・・・と思ったお母さんもおられるかもしれません。

理性を失う前に、誰かに、どこかに頼ったり、息抜きをしたり、たまには母親をお休みしてもいいのではないでしょうか。

どのお母さんも我が子を守るために自分の心も守っていけるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする