植松祐一の顔画像あり!犯行動機はケンカ??

ちょっとよくわからない事件です。

交際中の女性の子ども2人車に乗せて連れ回したとして香川県高松市の植松祐一容疑者が未成年者略取の疑いで逮捕されました。

いったいどういった経緯でこうなったのでしょうか?

スポンサーリンク


事件の概要

交際女性からの通報で事件は発覚しました。

約1時間半後には、発見され現行犯逮捕となりました。


出典:日テレNEWS24

事件の詳細は・・・

交際中の女性の子ども2人を車に乗せて連れ回したとして香川県高松市の25歳の男が未成年者略取の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは高松市寺井町の会社員植松祐一容疑者。警察の調べによると、植松容疑者は11日午後6時前、高松市内の保育園の駐車場で交際中の女性の車に無断で乗り込むなどして女性の2歳の女の子と1歳の男の子をさぬき市内まで連れ去った疑い。

子ども2人にケガはなく、警察の調べに対し植松容疑者は「連れ去っていない」と容疑を否認しているという。

日テレNEWS24より引用


出典:日テレNEWS24

なぜこんな事でニュースになってしまったのでしょうか?

見知らぬ子ではなく、交際相手の子供ですよね。

2歳と1歳といえば、子供たちはよく見る人であれば簡単に着いていってしまうと思います。

無断で車に乗り込むというのもよくわかりませんね。

お迎えに一緒に来ていたのでしょうか?

それとも、待ち伏せ??

これで内容が全然違ってくると思います。

ケンカでもしていたのでしょうか?

スポンサーリンク


犯行動機は?

犯行動機はいったい何でしょうか?

逮捕時、子供たちにケガはなく、元気だったようです。

警察の調べに対し植松祐一容疑者は「連れ去っていない」と容疑を否認しているんだとか・・・。

では、なぜこんな事を??

詳しい動機に関しては、まだ報道されていませんでした。

交際女性と何かトラブルがあったのでしょうか?

保育園には一緒に迎えに行っていたのか、植松祐一容疑者が勝手に待ち伏せしていたのかなどで情報は全然違ってきます。

もしかしたら、一緒に行ったけど、何かでケンカなどをして、こんな行動に出たのかもしれませんね。

どんな理由があろうと、これは少しやりすぎでは・・・?

交際女性は、大事な我が子に何かあるのではないかととても心配したことが想像できます。

今回は1時間半で逮捕に至って、事なきを得たけれど、今後エスカレートしないとも限りません

この二人の関係は今後どうなっていくのでしょうか。

植松祐一容疑者とは?

植松祐一容疑者とはどんな人物なのでしょうか?


出典:日テレNEWS24

名前:植松 祐一(うえまつ ゆういち)

年齢:25歳

住所:高松市寺井町

職業:会社員

逮捕時の顔画像は公開されていましたが、全くわかりませんね。

FacebookやTwitterを検索しましたが、同姓同名アカウント多数で、本人だと断定できるアカウントは見つかりませんでした。

また引き続き調査を続けていき、何かわかれば加筆していきます。

ネットの反応

所詮こういうことする輩はだいたいが内縁の夫か彼女とかに連れ子がいて付き合ってる男。
実子にはなかなかやらないよね。こんなこと。
でもまだ結婚して虐待されなくて幸い?かも…

YAHOO!ニュースより

痴話喧嘩?ストーカー?
詳細がわからないけど振り回される子供が一番可哀想

YAHOO!ニュースより

どういう状況?
保育園にとめてあった交際相手の車で保育園児2人を連れ去ったの??

別にいいけど子ども1歳と2歳でよく交際とかできるねー

YAHOO!ニュースより

この類のお母さん、、
もう、男に頼ったり、依存するのはやめたら?
アホか?

YAHOO!ニュースより

この母親は離婚してすぐに股開いて男作ったの?、どっちもどっちって事か

YAHOO!ニュースより

交際してるんだよね?だったら女も意味不明。子供連れ去るようなやつと付き合うってなんなの?見る目ないでしょ。

YAHOO!ニュースより

危ない危ない
こいつは徹底的マーク

今度こそは子供達を守れ!

YAHOO!ニュースより

母親に対する意見と、植松祐一容疑者に対する意見と、二つの意見に分かれますね。

母親である女性に厳しい意見が多かったのに驚きました。

でも、その通りですよね。

今回は何もなかったけど、これで何かあっていたら母親は後悔してもしきれません。

自分の交際が子供に悪影響を与えるなんて・・・。

あとは、男性に対しては、背景が分からな過ぎて意見がバラバラでしたね。

虐待を疑う意見や、全く関係ない善意なのでは・・・?という意見、発達障害では?などなど。

今回は、早い通報と、警察の捜査のおかげで、子供たちが元気に解放されて何よりです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする