山邊拳士郎の妻仁美の虐待隠し!市の職員の訪問を3回も断っていた!

埼玉県で1歳になる我が子に満足な食事を与えず放置し、死亡させた事件が起こりました。

山邊拳士郎容疑者妻の仁美容疑者は、食事を与えているつもりだったんだとか・・・。

そして、なんと妻は市の職員の面会を3回も断っていました

虐待を隠したかったのでしょうか・・・?

スポンサーリンク


虐待隠し?3回の面会拒否


出典:pictkan

この写真はまだ生後数日ぐらいでしょうか?

このぐらいの月例でも、4キロ近くあると思います。

1歳で3.8㎏なんて考えられません。

小さな体で本当にがんばっていたんだと思うと涙が出てきますね。

埼玉県で1歳の息子に満足な食事を与えずに死亡させたとして両親が逮捕された事件で、自宅を訪問した市の職員が息子と面会するのを妻が3回にわたって拒否していたことが分かりました。

TBSNEWSより引用

市の職員の面会を3回も断っていたという事実が発覚しました。


出典:TBSNEWS

この面会でなんらかの措置が取られていれば、今回のような結果にはならなかったかもしれませんね。

桶川市の職員は晴くんや兄たちが定期検診を受けていなかったことから、おととし11月以降、3回にわたって自宅を訪問していましたが、その際、仁美容疑者が晴くんとの面会を拒否していたことが分かりました。

死亡するおよそ1か月前の訪問でも、仁美容疑者は晴くんについて「寝ている」としたうえで、「子どもについて気がかりなことはない」と話していたということです。

市はいずれの訪問時も「室内などに異変はみられなかった」としています。

TBSNEWSより引用

亡くなった晴くんは、1歳で3男だったようです。

兄たちの定期検診を受けていなかったので市の職員は何度も訪問していたようですが、もう一歩踏み込んでほしかったですね。


出典:TBSNEWS

部屋に異常がない事、拒否されたことで市の職員も帰ってしまったんですね。

事件当時4歳の長男と2歳の次男の栄養状態に問題はなく、けがなどもしていなかったとのことです。

ネグレクトは晴くん限定だったようですね。

育児には慣れているはずでも、元気いっぱいの長男・次男に手がいっぱいで晴くんを見れなかったのでしょうか?

スポンサーリンク


山邊拳士郎容疑者と仁美容疑者について

晴くんの両親である山邊拳士郎容疑者と、妻の仁美容疑者について調べてみます。

山邊拳士郎容疑者

名前:山邊 拳士郎(やまべ けんしろう)

年齢:25歳

住所:桶川市東のマンション

職業:会社員

山邊拳士郎容疑者の顔画像がこちらです。

すでにFacebookが特定されて出回っていました。


出典:Facebook

これは成人式の写真のようなので、5年ほど前になります。

投稿の中にはお子さんの写真もありました。

2014年の投稿だったので、第一子でしょうか?

最近は更新されていないようでした。

山邊仁美容疑者

名前:山邊 仁美(やまべ ひとみ)

年齢:25歳

住所:桶川市東のマンション

職業:不明

晴くんは3男だったようなので、専業主婦として子育てをしていたのでしょうか。

顔画像・SNSは本人だと断定できる物がありませんでした。

ネットの反応

法律を変えることのできる立場の人がしないといけないことはここにあるんではないですか?

もっと踏み込めるようにしないと。
こんな事件が後を絶たない。。。

親が子供を殺すのは罪が軽すぎるし。
日本の法律はなぜこうなんだろう。

YAHOO!ニュースより

この男の子の死は大人が危機感を持って、本気で当たっていれば防げたんじゃないかな。1歳過ぎて4キロもないなんて、一目見ただけで大変なことが起こっていると分かるはず。
日本は親の権限が強すぎる。こんな可哀想な子をもう増やしたらあかん。

YAHOO!ニュースより

みんながみんなこうではないでしょうが、三回拒否られて問題視しない方がおかしくないですかね?
何もなければ毎回寝顔でも見せてくれるだろうし、市職員の危機感にも問題がありますね。
我が子と思い対応してもらいたいですね。

YAHOO!ニュースより

面接をなんとか強制にできないもんなかな…
大丈夫なら会わせられるでしょうに…

YAHOO!ニュースより

何故に行政は死ぬまで見守るんだ?
2回目あたりで既に怪しかったでしょう?

面会拒否権をなくすように『決まりなんですよ~』と言えるように何故しないんだ?

YAHOO!ニュースより

1回でも拒否したらやましい事があると判断して強制執行するべき。

YAHOO!ニュースより

桶川市職員は基本、仕事しないから。

YAHOO!ニュースより

晴くんの両親である山邊拳士郎容疑者と、妻の仁美容疑者に厳しい意見はもちろんですが、市の職員、法律などにも厳しい意見が出ていますね。

同じようなことが続き、幼い命が失われる今の日本をどうにか変えたいという思いからでしょうね。

まとめ

市の家庭訪問の制度などを見直す必要もあるかもしれませんね。

事件が発覚する1か月前までは面会できていたのにも関わらず、晴くんは亡くなってしまいました。

1か月で急激に3.8㎏になったとは考えにくいので、それまでの面会で何かおかしいとは思えなかったんでしょうか?

晴くんの両親である山邊拳士郎容疑者と、妻の仁美容疑者がきちんと育児していれば問題はなかったのですが・・・。

ですが、今の世の中、虐待は減りません。

する人が減らないのであれば、何か対策をとっていくしか手はないのではないでしょうか。

幼い子供の命を守れる社会であって欲しいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする