山口和敏こと、かばん師のヤマの顔画像は?11回目の逮捕。

11回目の逮捕となるようです。

地下鉄の車内で女性のバッグから財布などを抜き取ったとして、69歳の山口和敏容疑者が逮捕されました。

山口和敏容疑者こと、かばん師のヤマの顔画像は?

スポンサーリンク


事件の概要

捜査員から「かばん師のヤマ」と呼ばれるほど、すり容疑での常連のようです。


出典:テレ朝NEWS

事件の詳細は・・・

地下鉄の車内で女性のバッグから財布などを抜き取ったとして、69歳の男が逮捕されました。捜査員からは「かばん師のヤマ」と呼ばれていました。

山口和敏容疑者は都営地下鉄大江戸線の車内で、専門学校生の女性(19)の手提げバッグから現金約6000円が入った財布などを抜き取った疑いが持たれています。

テレ朝NEWSより引用

6000円の財布のために逮捕されたんですね。


出典:テレ朝NEWS

69歳にもなって・・・と思わずにいられないですね。

都営地下鉄大江戸線での犯行を繰り返していたのでしょうか?

警視庁によりますと、山口容疑者は足が不自由で右手に杖を持っていましたが、左手をバッグの中に入れて財布を抜き取っていました。山口容疑者はスリの常習犯で、かばんから財布を抜き取る手口から、捜査員から「かばん師のヤマ」と呼ばれていました。取り調べに「財布が浮いて見えたので取った」などと容疑を認めています。

テレ朝NEWSより引用


出典:テレ朝NEWS

足が不自由で右手に杖を持っている状態での犯行のようです。

山口和敏容疑者は過去、すりで10回の逮捕歴があります。

ここまでくると病気の域ではないでしょうか。

財布を見ると、盗まずにいられないのかもしれませんね。

スポンサーリンク


山口和敏容疑者とは?

名前:山口 和敏(やまぐち かずとし)

年齢:69歳

住所:東京都新宿区上落合

職業:無職

捜査員の間で「かばん師のヤマ」とあだ名がついてしまう程犯行を繰り返していたようですね。

気になる顔画像はこちらです。


出典:テレ朝NEWS

失礼ですが、完全にただのおじいちゃんではありませんか?

この見た目で、足が悪く杖を持っていたら、席は譲っても警戒はしないかもしれません。

これがある意味手口なのかもしれませんね。

山口和敏容疑者の自宅は?

山口和敏容疑者の自宅がどのあたりか調べてみました。

東京都新宿区上落合が自宅のようです。

この地域内に都営地下鉄大江戸線の中井駅がありました。

この中井駅から乗り込んで、東中野駅までの社内で犯行を行ったようです。

自宅から近い場所での犯行を繰り返していたのでしょうか。

すりに対して執念のようなものを感じてしまいます。

ネットの反応

スリ師のこの技術を何かの職業に活かせるといいんですが、流石に中々無いですね…万引き常習犯と同じで出所したらまたやりそう。

YAHOO!ニュースより

不謹慎だが玄人職人の香りがする。

YAHOO!ニュースより

はっきり言って杖が必要じゃどこも雇ってくれないし、納税できるわけでもない。なんの役にも立たないどころか他人の財布を抜き取る。
もう殺処分でいいと思う…

YAHOO!ニュースより

クソ老人だらけだな。若い命を奪う、若者から金を奪う。税金の無駄だから罪を犯した老人は死刑でいい。

YAHOO!ニュースより

山口和敏容疑者には厳しい意見ばかりですね。

当然と言えば当然です。

ですが、身体が不自由な人は働くことが難しくなってきます。

すると、こういった方法でお金を得るしかなくなってしまうのでしょうか。

高齢化が進むと、犯罪者も高齢化して、刑務所も介護状態になってしまう日も遠くないかもしれませんね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする